インド人のIT能力を活用するために

日本でのインド企業とのITビジネスを成功させるためには、いくつかのキーポイントがあります。アイウェーブ・ジャパンではそのキーポイントおさえお客様にご満足いただくサービスを提供いたします。

インド人もホームシックにかかる

日本で永住を希望するエンジニアは稀で、若い間に数年の日本(海外)滞在経験というスキルアップを行いたいと考えているエンジニアが大多数を占めています。20台前半から30台前半の若いエンジニアが日本にやってきます。最初は言葉、食生活、宗教、文化に適応することで精一杯ですが半年もすると生活に慣れてきます。ただし、ホームシックにかかる事も多く、食習慣の違いにより食事を受け付けず、胃を壊して緊急帰国をする例もあります。
2年目になると日本での生活を送ることより結婚や家庭も考え、インドに帰国してITの仕事に従事したくなります。インド人のITの能力を活用するためには、オンサイトのエンジニアの短期滞在方式では、コストもリソースとしても十分でありません。メリットを出すためには、オフショアのエンジニアをいかに有効に活用するかという事につきます。そのためには、以下のようなことが重要です。

1. 仕様を明確にする。
2. E-mail, skype, FTPを活用し、情報を共有する。暗黙の了解は失敗します。
3. 初めと終わりは、経験豊富なマネジャーがプロジェクトをまとめる。
4. ある程度、思い切って大きな機能を丸投げする。
5. 受け入れ試験仕様は明確にする。人手がかかる事は問題ではありません。明確で完全な良品の定義が必要です。
6. 日本とインドで全く同じハードウエア・ソフトウエアの環境を整える。
7. 物のやりとりは速やかに。
8. 長期に渡って連続して仕事を依頼する。
9. 個人的なつきあいを大切にする。
10. たまにはインドに行ってみる。

 

たとえ日本国内にいるメンバーだけでプロジェクトを行っても、プロジェクトの成功のためには、様々な工夫が必要となります。技術的な問題以外に言葉や習慣が異なる相手とプロジェクト成功させるためには、それ以上の様々な工夫が必要となってきます。一概にあ言えませんが、コスト面ではオフショア開発はもはや必須といって差し障りありませんが、いろいろな障壁の中で成功を収めるのはなかなか難しいです。iWave SystemsとiWave Japanはインドと日本の間での豊富なビジネス経験により、お客様が必要とするアウトプットを、最小限のお客様の作業で実現します。

ご相談は下記メールアドレスまでお問い合せください。