アイウェーブ・ジャパン株式会社は LoRa WAN や Wi-SUN などの LPWA「低 電力広エリア」通信を用いるソリューションサービスの提供を開始します

アイウェーブ・ジャパン株式会社は LoRa WAN や Wi-SUN などの LPWA「低 電力広エリア」通信を用いるソリューションサービスの提供を開始します

組み込み製品の開発およびソリューションプロバイダーのアイウェーブ・ジャパン株式会 社(以下アイウェーブ)は LoRa WAN や Wi-SUN などの LPWA を用いるソリューションサー ビスの提供を開始します。LPWA は低消費電力で長距離通信を実現するという、現在の LTE や 3G 通信とは異なり、通信速度より消費電力に注目した通信です。
アイウェーブは長年のネットワーク構築経験や組み込み技術経験を活用してニーズの 高い LPWA 通信のソリューションサービスを展開します。この LPWA 通信は IoT だけでな く、産業用途の通信としても非常に高い注目を集めており弊社では、交通系を支える基幹 系のシステムへの採用が進んでいます。国内はもとより海外でも強い注目を集めておりま す。
当面は、LoRa(Long Range)ネットワークと Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network)を用 いたサービスの提供を開始し、LTE カテゴリー 0 などの製品についてのソリューションや製 品提供も近日開始する予定です。
このソリューションサービスはシステム設計の段階から始まり LoRa WAN や Wi-SUN モ ジュールの選定、通信プロトコルの実装、ゲートウェイ開発、アプリケーション開発、サーバ ー構築、ネットワーク構築、製品の量産まで統括して提供するものです。
通信は組み込み製品の主要機能として重要ですが通信に必要なリソース(認証費用・通 信費用)の負担が一方で問題となっており、これらの問題を解決する LPWA 通信は注目を 集めています。大手通信キャリアが提供する LPWA 通信サービスには費用負担が生じま す。当社が提供するサービスは、お客様のハードウェアとして、LPWA 通信設備を提供する サービスとなり、いちど納入したあとはお客様が運用することとなります。これにより、長年 の使用でも追加費用が不要です、これらのノウハウをお客様に提供する当社のソリューシ ョンは他社とは一線を画するものです。
「今回開発提供開始するソリューションは Linux と親和性が高く、弊社で開発してきたハ ードウェアや市場に存在する組み込み Linux システムとも親和します。組み込みにおいて も通信システムは重要な地位を占めるようになっており、LPWA 通信の需要は高まるばか りです.。通信規格の移り変わりは激しいですが、自社で構築したシステムは通信料金も含 め安定しており、長期利用前提の組み込み業界に現時点において最良の組わせとなりま す。
安定した通信の搭載によって、さまざまな新しいアプリケーションを実行可能にする非常 に有効な選択肢であり、既存のあらゆるネットワークや通信を潜在的に置き換える可能性 もあります。LPWA 通信は HMI・アクセス制御・医療機器・輸送・家庭&オフィスオートメーシ ョン機器・工業用制御機器などのいくつものアプリケーションを対象としています。」とアイウ ェーブシステムのアソシエイトデレクターのザフィール フェロズ氏は述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です