Renesas RZ/G1Cボードクイックブートアップ

Renesas RZ/G1C シングルボードを素早く起動するための手順をまとめました

産業向けのシングルボードは様々な用途の評価に素早く使用可能です。
アイウェーブではこの汎用性の高いシステムをより簡単に使用できるように以下の通り準備いたしました。

 

本プロジェクトの特徴

1.G1Cの起動イメージおよびデモ用のイメージファイルを用意し、より簡単に利用開始できるようにしました:
産業用途のボードコンピュータを利用開始するためには多数の手順が必要です。その手順をできるだけ簡単にまとめ公開します。

2.G1Cの評価ボードを用意し、デモをすぐに確認いただける環境を用意しました:

起動イメージおよびデモ用のイメージファイルを用意し、より簡単に利用開始できるようにしました:
社内稟議が必要な通常産業用途のボードコンピュータを利用開始するためには多数の手順が必要です。その手順をできるだけ簡単にまとめ、

3.豊富なデモコンテンツ:
今回ご用意したでもコンテンツは、Linux 3.1を搭載したG1Cに含まれていたデモコンテンツをLinux 4.4に更新したiWave製のBSPが動作します。ルネサス版のBSPとは環境が少々ことなります。

4.体験:
今回のデモはできるだけ簡単に使用開始いただけるように調整しています。
MicroSDやデモによってはUVC対応のカメラが必要ですが、イメージの書き込みのみですぐに使用開始できます。

5.ACアダプターおよびUARTアダプターは付属しません
今回のデモ環境をできるだけ多く準備するために、ACアダプターおよびシリアルケーブルは提供していません。
ACアダプターは弊社製のRZ/G1Eおよびi.MX6 SODIMM開発キット等に付属のものが使用できます。コネクタの系などがあわない場合には、電源ソケットを使用して、5V3Aを提供することによって動作させることが可能です。UARTは3.3Vで通信可能です。市販品のRaspberry Pi用のUARTケーブルなどが入手しやすいです。

コンテンツ利用方法

明日アップデート予定です。

リソース(ボード)入手法

サイトの上部にあるお問い合わせより、次の情報を追記の上ご応募ください。

1. 弊社のハードウェアのご購入、ご使用経験
2. ボードの送付先詳細:部署名:担当者名
3. 計画中の製品情報(開発開始:リリース予定:生産台数等)

なお、提供させていただくハードウェアは製品版とは異なり保証サポートが付属しないお試し版となります。以前に弊社からサンプルハードウェア、評価用のハードウェアの提供をさせていただいた場合は本ボードの提供をお断りする可能性があります。

2週間程度でボードが届かない場合には、本プロジェクト対象とならなかったとご判断ください。

RZ/G1C

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

OBD IIによる社用車の管理