SDIO-UART コントローラ

SDIO-UARTブリッジは、SDIOスレーブをUARTバスインターフェイスに変換するIPコアです。

特長

ブリッジングIPでサポートされたSDIOインターフェースにより、低コストで小規模な実装が可能になります。

データシート

仕様

  • SD物理仕様バージョン2.00およびSDIO仕様バージョン2.00に準拠しています。
  • SPI、1ビットおよび4ビットSDモードをサポート
  • SDIO割り込み機能をサポート
  • すべての必須のSDIOコマンド/応答タイプをサポート
  • SPIモード:CMD0、CMD5、CMD52、CMD53、CMD59
  • SDモード:CMD0、CMD3、CMD5、CMD7、CMD52、CMD53。
  • コマンド/応答のCRC7チェック/生成
  • データ転送のためのCRC16チェック/生成
  • 高速モード(最大50Mhz)の動作をサポート
  • CMD53を使用したマルチバイトおよびマルチブロックモードでのデータ転送
  • SDIOのみ実装、コンボカード機能はサポートされていません

 

  • オプションのコード記憶域(CSA)はサポートされていません
  • 機能の一時停止/再開はサポートされていません
  • UART16550機能をサポート:
  • プログラム可能なボージェネレータは、入力クロックを1で(216-1)に分割し、16xクロックを生成
  • モデム制御機能(CTS、RTS、DSR、DTR、RI、およびDCD)
  • 5、6、7、または8ビット文字
  • 偶数、奇数、またはパリティなしのビットの生成と検出
  • 1、1 / 2、または2ストップビット生成
  • ボー生成(DCから150万ボー)
  • 改行の生成と検出
  • 独立して制御される送信、受信、回線ステータス、およびデータセット割り込み
公開日2015年3月
製品種別interface core
チップメーカーiWave Systems
提供元iWave Systems

前の記事

PCI コントローラ

次の記事

Serial FPDP (sFPDP)