Webサイトの常時SSL化対応について

Webサイトの常時SSL化対応を行いました。

2018年7月にアップデートされたGoogle社のブラウザ「Google Chrome 68」より、常時SSL化されていないホームページにはアドレスバーに「保護されていません」の警告が表示されるようになりました。
Web業界では、以前よりホームページの常時SSL化が急務とされており、日本国内でも対応が進んできています。Google社のレポートによると、日本国内のChromeでの常時SSL(HTTPS)の使用状況は69%(Windows版 / 2019年1月時点)。常時SSLは着々と普及しており、一部の大企業や大手サイトだけが導入すればいい時代ではなくなってきています。
このため弊社でも、常時SSL化の準備を進めていましたが、本日より新サイトにて適応を行うことになりました。

なお、兼ねており実施しておりますサイトの移行と合わせてご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、お探しのコンテンツが見つからないなどの場合にはお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です