i.MX6プラットフォーム上で動作するWEC2013用のPCIe Ethernetドライバ

アイウェーブはi.MX6 Quad プラットフォームのPCIe (Peripheral Component Interconnect Express)インターフェイスを介したWEC2013 (Windows Embedded Compact 2013) Ethernet ドライバを開発しました。
このドライバは全てのプロセッサ アーキテクチャをサポートしています。

Ethernet標準 IEEE 802.3 :
PCIeはプロセッサと1つ以上のペリフェラル デバイスを接続するためのシリアル拡張バス標準です。
PCIe 3.0では8Gbps/レーンのバンド幅が可能であり、16レーンPCIeでは128Gbpsが可能です。

図1:PCIe インターフェイス バンド幅

WEC13 PCIe Ethernet ドライバ アーキテクチャ:
WEC13 PCIe EthernetドライバはPCIeコントローラ ドライバ、PCIeバス ドライバおよび Ethernet(ミニポート) ドライバからできています。

 図2:PCIe Ethernet アーキテクチャ

図2のようにボードはPCIe インターフェイスを介してGbE モジュールに接続されます。
モジュールにデータが入ってくると割り込みが発生しNDIS API がコールされます。
NDIS APIはそれに伴い割り込みを裁くミニポート ハンドラーをコールします。
PCIeはどんなプラットフォームでもミニポートドライバが使用できるので、インテルの 82574L GbEモジュールを使用しました。

PCIe Etherneのアドバンテージ:

  • 最大バンドが高い
  • プラットフォームに依存しない
  • 電力消費が低い
  • I/O ピン数が少ない
  • パフォーマンス測定が向上
  • エラー検出、レポートがより詳細

アプリケーション:

  • インテル82574L GbE モジュール用のWEC13 Ethernet ドライバを開発しましたが、この技術は各種チップセット用のミニポートドライバの開発にも適用できます。
  • セカンダリーEthernetとしてのGbE モジュールはアドオン仕様です。
  • 通常のEthernet およびPCIeカードの同時使用が可能で、 どちらか一方をデバッグ目的で使用できます。
  • PCIe を介したEthernet のパケット送信が速いので、タイム クリティカルなシステムに使用可能。
  • PCIeスイッチを使用することで多くのエンドポイントPCIeの接続が可能。
公開日2016年8月
製品種別Software
チップメーカーNXP
提供元iWave Systems
分類