ルネサスRZ/G1E搭載 SODIMM開発キット

2016年8月3日 アイウェーブのRZ/G1E SODIMM開発キット iW-RainboW-G22D-SODIMM

 

アイウェーブのRZ/G1E SODIMM開発キットは電力効率の良いルネサスのDual core ARM CortexA7 CPU コア @ 1GHz をベースにしたRZ/G1E SODIMM SOMを組み込んでいます。
この開発ボードはRZ/G1Eプロセッサが目標にしている様々なアプリケーションの迅速な試作・開発に適しています。
このキットは100mmx72mmのPico ITX規格の中にRZ/G1E CPUの機能発揮に必要な全てのコネクタをボード上に組み込んでいます。


 ベネフィット:

  • 迅速な試作・開発および市場投入に最適
  • 製品開発サイクルを60%短縮
  • テクニカルサポートおよび迅速なカスタマイズ対応
  • i.MX6Q/D/DL/S/ULベースのSODIMM SOMとコンパチブル

  ハイライト:

  • Dual Core ARM Cortex-A7 @ 1GHz
  • デュアルチャンネルHDエンコード/デコード
  • ビルトインSGX540 3Dグラフィックアクセラレーション
  • 抵抗幕方式の4.3“ タッチディスプレイキット
  • 超コンパクトな100mm x 72mmサイズ 

  ターゲットアプリケーション:

  • HMI およびアクセス制御
  • デジタルサイネージ
  • 産業用制御
  • IoTゲートウェイ
  • ヘルスケア機器
  • POS
  • ネットワークおよびハイビジョンカメラ
  • ホーム/オフィス オートメーション
  • 白物/スマート家電

  仕様:


RZ/G1E SODIMM SOM:

  • ルネサスRZ/G1E CPU @ 1GHz
  • SGX540 Graphics core @ 260MHz
  • 512MB DDR3
  • 4GB eMMC Flash
  • 10/100/1000 Ethernet PHY
  • Micro SD スロット

SODIMMキャリアカード:

  • Gigabit Ethernet – 1 ポート
  • USB 2.0 host – 2 ポート
  • USB2.0 device – 1ポート
  • SD スロット – 1 ポート
  • 8-bit CSI カメラ – 1ポート
  • オーディオコーデック、In/Outジャック
  • RGB ディスプレイ – 1 ポート
  • 抵抗膜タッチコントローラ
  • Data UART – 1 ポート
  • CAN PHY – 1 ポート
  • USBポート上のシリアルコンソール
  • IO拡張ヘッダ
  • JTAG ヘッダ

HDMI ドータボード:

  • ADV7511 HDMI トランスミッタ
  • HDMI Output – 1 ポート
  • CAN PHY – 2nd ポート
  • RS232 – 3 ポート

パワーサプライ:

  • 5V@2A DC Input

動作温度:

  • 0℃ ~60℃

OSサポート:

  • Linux 3.10.31

フォームファクタ:

  • 100mm x 72mm



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です