i.MX6ボードを用いたWebRTC ブロードキャスト

WebRTC(Web Real-Time Communication) はピア・トゥ・ピア コミュニケーションやワン・トゥ・メニーブロードキャスティングに使用することができます。
WebRTCはブラウザやモバイルアプリに簡単なAPI経由のリアルタイム コミュニケーション(RTC)能力を提供します。
WebRTCコンポーネントはこの目的に最もかなうように最適化されています。

アイウェーブはi.Mx6 Q7 開発プラットフォームでWebRTCベースのワン・トゥ・メニーブロードキャスティングを開発しました。

細部説明:
アイウェーブのi.Mx6 Q7プラットフォームは最大1 GHz/core動作の Quad coreプロセッサを備えています。
i.MX6 CPUは64ビットモードの1GB RAM、大容量ストレージとブートデバイスの何れにも使える4GBのeMMCをサポートしており、i.Mx6 Q7 SOMは外部Gigabit Ethernet PHY と接続されたEthernet ポートをサポートしています。

アイウェーブのアプリケーションは、サーバとクライアントで構成されています。
ブロードキャストの場合は、一方向のコミュニケーションのみです。

サーバ側のアプリケーションはLinux/Windows PC で動作します。

クライアントはhttps://localhost:8888/index.html アドレスを使用してFirefox ブラウザからサーバにアクセスできます。
クライアントがブロードキャストに加わりたければ、まずサーバに登録します。
WebRTCで使われるビデオコーデックは、パケットロスを防止する特別なビデオジッターバッファを備えたVP8です。
VP8をコーデックに使用しているのでRTCの低レーテンシー設計に適しています。
WebRTCに使用されるオーディオコーデックは、OPUSコーデックです。
このアプリケーションではユーザは、オーディのみ、ビデオのみ或いはオーディオ/ビデオ両方を選べます。


WebRTC ブロードキャストコール: ワン・トゥ・メニー ブロードキャスト画面

ベネフィット:
・ Mozilla FirefoxブラウザがビルトインWebRTCで入手可能.
・ WebRTC 経由のビデオ/オーディオストリーミング品質は非常に向上
・ WebRTC をランするのにFirefox 以外、何もプラグイン、インストールの必要なし
・ ローカルネットワークでストリーミングが可能.
・ Quad coreのプロセッサを使用しているので一度に複数のタスクをアサインできる

公開日2016年2月
製品種別application
チップメーカーiWave Systems
提供元iWave Systems
分類