i.MX51をベースにしたiW-Rainbow-G8の写真を追加掲載しました

2010年3月9日 i.MX51をベースにしたiW-Rainbow-G8の写真を追加掲載しました
iW-Rainbow-G8/i.MX51 開発環境は、フリースケールのi.MX51/800MHzをベースにしています。
i.MX51はARM Cortex A8-CPU、イメージプロセッシングユニット(IPUv3EX)とビデオプロセッシングユニット(VPU)を統合しています。
iW-Rainbow-G8 デザインソリューションは、OEM、ODM及び組込み製品の開発会社等をターゲットにしており、これを使用することにより、産業用機器、自動車用品、医療機器、ディジタルサイネージ、スマートブック、UMPC、Nettop等のアプリケーションで、革新的でコストパフォーマンスの良い製品を短期間で開発することができます。

iW-Rainbow-G8 SOMモジュール(フリースケールのi.MX51をベースにした7cm x 7cmの小型CPUモジュール)の写真に加え、iW-Rainbow-G8全体写真が準備できましたので、掲載します。

 

iW-Rainbow-G8 SOMモジュール

 

iW-Rainbow-G8/i.MX51 開発環境のPCB

 

 

iW-Rainbow-G8/i.MX51 開発環境のデモ画像

 

 iW-Rainbow-G8/i.MX51 開発環境の詳細はこちら

 

2010/3/9

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。