フリースケールのi.MX27をベースにしたiW-ThinCliant,WinCE6.0を開発しました

 アイウェーブはフリースケールのi.MX27をベースにしたiW-ThinCliant,WinCE6.0を開発しました。

このiW-ThinCliantはサーバーとRemote Desk Protocol(RDP)Cliantの間をEthernet及びiWave SDIO WiFiモジュールにより802.11(b/g/a)を使用して接続しています。
このモジュールは、 MicrosoftのRemote Desktop Protocol Version 6.0とあわせて、 Windows Embedded CE 6.0 R2 OSをサポートします。

このモジュールのアプリケーション分野は、コンビニ、POSターミナル、CRM、銀行端末、健康管理、学校教育用PC、オフィス端末、株式管理等々・・があります。

Windows Embedded CE は多くのOSで Microsoftの Remote Desktop Protocol (RDP)をサポートしています。RDPはWindows Server をベースにしたシステムに対して、能力の限られたCliantでログインできるリモートデスクトップの能力を持たせるプロトコールです。

RDPを使用するアプリケーションはTerminal Server Clientと呼ばれます。
Terminal Server Clientを使用してリモートで操作する場合、実際にはWindows Server systemがすべての処理を行いますが、普通のWindows desktopとまったくに同じようにインターネット及びアプリケーションを使用できます。

RDPを使用すると、サーバー上の Windows desktop UI はThinClientのようにWindows Embedded CEで動作しているデバイスをリモートで動かします。そのためWindowsベースのアプリケーションがターゲットデバイス上で動いているように見えますが、実際にはアプリケーションはリモートサーバー上で動いています。

ソフトウエアの仕様
・ ローカルOS : Windows Embedded CE 6.0 R2
・ RDP : Microsoft RDP 6.0
・ Web ブラウザー : Windows CE Internet Explorer 6 Web browser
(DHTML, P3P, pop-up window blockerを含む)
・ Email Client : ローカルブラウザー経由

その他の仕様
 ・ Server Operating Systemcompatibility / support :
Microsoft Windows Server 2008, 2003, 2000, Windows NT 4.0,
Terminal Server Edition Terminal Services
・ 使用言語 :
English (US and UK), Italian, French, Canadian French, Chinese,
Austrian / German, Scandinavian, Spanish, Japanese / Kana, Korean

特徴
・ 小型で省スペース
・ 内部802.11 b/g ワイヤレスオプション、WEP及びWPA暗号化

 i.MX27開発環境へのリンク

2010/3/15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。